ADMISSIONS
アドミッション・ポリシー
入試要項・日程
入学試験結果
合格発表
一般選抜
職業人・外国人特別選抜
過去の入試問題
2017年度過去問
2016年度過去問
2015年度過去問
専門実践教育訓練給付について
FAQ

ドミッション・ポリシー

HOME>アドミッション・ポリシー

京都大学大学院公共政策教育部専門職学位課程(以下、本大学院という。)は、中央・地方レベルにおける国内行政および立法機関、国際機関、NPO/NGO、シンクタンク等の職業に従事する者のほか、一般企業において公共的な業務に携わる者など、公共政策分野の高度専門職業人、すなわち、優れた教養と公共政策の立案・遂行・評価に必要な専門的知識を有し、高い倫理的責任感を備えた人材を育成することを教育目標とし、この教育目標を実現するために、公共政策分野における理論的知見と実務的素養を架橋し、さらに実務における総合的能力と専門的能力との結合を旨とするカリキュラムを提供する。

本大学院は、公共政策分野における高度専門職業人を目指す大学学部卒業生や、すでに広く公共政策に関わる業務に携わっており、より専門性の高い能力を習得しようとする職業人など多様な人材を受け入れる。そのために、専門的な学識を問う筆記試験や、自己申告書等を踏まえた口述試験を組み合わせた総合的な方法により選抜を行う。これらの人材が、相互の刺激と切磋琢磨を通じて、公共政策に携わる使命感を共有し、今日の公共政策担当者に求められる実践的知識と長期的、総合的視点を獲得することを期待するものである。

京都大学 京都大学大学院法学研究科・法学部 京都大学大学院経済学研究科・経済学部 京都大学経営管理大学院 京都大学公共政策大学院 同窓会 京都大学文系共通事務部 京都大学公共政策大学院社会連携室