ENVIRONMENT
学生による自主学習
公共政策インゼミ合宿実行委員会
震災復興研究会
政策提言ゼミ
公共空間
長浜まちづくり
英語議論会 Corner Table
主権者教育研究会
公共政策大学院交流会
雑誌『公共空間』
2015春+秋合併号
2014年秋刊
2014年春刊
2013年秋刊
2013年春刊
施設・設備の紹介

設・設備の紹介

HOME>施設・設備の紹介

京都大学公共政策大学院では、学生の勉学・活動をバックアップするためのさまざまな施設・設備、たとえば自習室やディスカッションルーム、また整備された教室等が用意されています。
伝統ある建築と清新な諸設備とが絶妙に融合した環境がそこには広がっています。
ここを拠点として、教授陣と学生が協働し・かつ自らの主体性を発揮して様々な活動を日々構築し、発信しています。

自習室

学生の自習スペースとして2部屋90席が用意されています。キャレルディスクを使用した個人独立型ブースの学習環境です。 LAN環境が整備されておりインターネット接続が可能となっています。インターネットによる情報検索や図書館蔵書検索、オンラインジャーナルおよび外部接続、データベース検索が自由にできるようになっています。

ディスカッションルーム

グループ学習用に2部屋用意されています。ディスカッションや会議などに応じて自由に使用することができます。

教室

公共政策大学院の講義・演習等は、総合研究棟2号館を中心に行われます。公共政策大学院専用の教室として、講義室1室、演習室4室、視聴覚室、高速電話回線で結んだ双方向授業可能なテレビ会議システムを有したマルチメディアAV教室があります。

RPGルーム

演習室

その他の施設

在学中は全員に個人ロッカーが貸与されます。またコピー機、パソコン、プリンターなどが完備されています。

京都大学 京都大学大学院法学研究科・法学部 京都大学大学院経済学研究科・経済学部 京都大学経営管理大学院 京都大学公共政策大学院 同窓会 京都大学文系共通事務部 京都大学公共政策大学院社会連携室