PROGRAMME
本大学院について
公共政策大学院の理念
ごあいさつ
修学概念とクラスター
政策分析・評価
行政組織間交渉
地球共生
進路情報
評価報告書
教員紹介
専任教員
他研究科教員
学外教員
在学生紹介
シラバス・開講科目
リサーチ・ペーパー
インターンシップ
時間割表

あいさつ

HOME>本大学院について>ごあいさつ

公共政策大学院長ごあいさつ(岩本武和公共政策大学院長)

岩本武和公共政策大学院長  京都大学公共政策大学院は、高度な教養と専門性を兼ね備えた「政策プロフェッショナル」の養成の育成を目指して、2006年4月に創設された専門職大学院です。教員構成は、法学研究科と経済学研究科の連携のもとに研究者教員を、また公官庁等での実務経験の豊富な実務家教員を、それぞれ複数配置し、さらに学際的領域等には学識経験豊かで多彩な非常勤講師を数多くお招きすることによって、変化の激しい現代における最先端の知識を提供しております。

 一学年の定員が40名、専任教員12名という小規模な大学院で、かつ歴史は浅いとはいえ、すでに500名近くの優秀な人材を各界に送り出してきました。彼らは、国や地方自治体の公務員、NPOやNGOの職員、民間企業でもマスコミや金融機関といった公共性の高い専門職に就き、高い志をもって仕事をされています。専門職大学院として公共政策大学院を配置している他大学と比較しても、本大学院がひときわ高い評価を得ているのも、皆さんの先輩方が、それぞれの職場で、高いreputationを得ているからだと思います。

 本大学院が提供する教育上の特色は、以下のようにまとめられます。
 ①本大学院では、法学・政治学・経済学のオーソドックスな講義を中心におき、必ずしも法学部や経済学部の出身でない学生に対しても、基礎的な知識を、少人数で受講生の納得がいくまで理解していただきます。基本科目や専門基礎科目がそれに当たります。
 ②それら基礎的なカリキュラムに加え、さまざまな特色ある講義が開講されております。まず公共政策大学院に相応しい「霞ヶ関特別講義」いう連続講義が開講されており、各官庁から講師をお招きしています。それに加え、「霞ヶ関インターンシップ」もすぐに始まります。
 ③本大学院では、「読売新聞大阪本社」および「大和リース株式会社」からも、寄附講義をいただいており、それそれ「メディアポリティックス」および「地域活性化論」という講義で、毎回ゲストスピーカーをお招きしております。また、全国市町村国際文化研修所(JIAM)とも連携したセミナーも毎年開講されております。
 ④院生たちによるさまざまな「自主活動」も、本大学院の誇るべき特徴です。震災復興研究会、京都府政策提言ゼミ、長浜まちづくり研究会、英語議論会Corner Table等、これらの自主活動は、院生が主体となって発行されている機関誌『公共空間』にまとめられております。

 本大学に入学されて、みなさんが2年間かけて努力されることは、具体的には、「公共政策修士(専門職)」という学位の取得であり、学位取得後は、「公共性の高い専門職」に就かれることであろうと思います。本大学院の「学位授与基準」(ディプロマポリロシー)の重要な一つに「強い倫理的責任感に満ちた高度専門職業人となること」とあります。本大学院を目指されるみなさんが、こうしたディプロマポリロシーに相応しい「公共政策修士(専門職)」の獲得を目指されることを強く願っております。

平成30年6月15日

  京都大学 公共政策大学院
  連携研究部・教育部長
  岩本 武和

プレスリリース

京都大学 京都大学大学院法学研究科・法学部 京都大学大学院経済学研究科・経済学部 京都大学経営管理大学院 京都大学公共政策大学院 同窓会 京都大学文系共通事務部 京都大学公共政策大学院社会連携室